コロコロブラシ効果・効能

コロコロブラシは、約直径2mmの中心から放射線状にナイロンの毛648本を植毛したディスクを14枚重ね合わせ、幅約8mmの厚みになったタイヤ状のブラシです。柄の形態や大きさ、角度の微妙なカーブも、使用時の節電図を分析するなどして開発しました。10数項目についての分析と、人間工学を基本とした研究成果とが重なり、ユニバーサルデザインの柄が完成しました。特殊な形のものを組み合わせてできたコロコロブラシでお口の健康管理をすれば、むし歯や歯周病予防をはじめ、健康に関する様々な効果が期待できます。

コロコロブラシ6つの効果

むし歯と歯周病の予防、進行の抑制

ミクロの世界ですが、むし歯菌や歯周病菌のコロニーも、あるいは、数百億のバイキンが歯の表面に壁塗り状になって張りついた薄い膜も、ゴシゴシ、ガリガリこすったりひっかいたりせず、ゆっくり、のんびりローラーをころがすだけで破壊されていく姿が顕微鏡下で見られます。
むし歯菌や歯周病菌はバラバラになってしまうと、もう、歯を溶かしたり、歯ぐきに炎症を起こしたりすることはできません。

だ液分泌を促進し、からだ全体の免疫力を高める

コロコロところがすだけの簡単な動作で、歯の汚れが落ち、歯ぐきをマッサージ。
その結果、歯垢がとれるだけでなく、歯ぐきの毛細血管の血流がよくなり、歯ぐきが強化されます。
そして、だ液がたくさん出て、そのだ液の免疫力により、初期のむし歯を再石灰化させたり、歯質をより密にしたりして、むし歯の発生を予防するのです。

口臭予防効果

歯ぐきの毛細血管の血流が悪くなると、白血球が多くなり血管が詰まり始めます。
その状態が進行すると、うっ血し、ウミがたまり、歯周病やひどい口臭といった症状が現れます。
そこで、コロコロブラシを歯ぐきの部分に優しくあてて転がすと、傷つけることなくマッサージ効果を得られます。
この効果により血流が良くなると、歯ぐきが健康な状態になって、歯周病予防と治療効果が得られます。同時にだ液もサラサラになり、口臭を防ぐこともできるのです。

美容と癒し、ダイエットに効果

  驚きのコロコロ実験結果

50歳代後半の男女・計13名がコロコロブラシを指で軽く持ち、左側の歯は右手で、右手の歯は左手でリズミカルに歯と歯肉に沿わせて転がし、10分ごとに体重と体脂肪を測定した記録があります。

10分後の体脂肪率は平均0.63%、20分後では1.31%減少しました。中には、もともと22.0%だった体脂肪率が20分後に18.5%まで減少した人もいました。さらには体重が3㎏減少した人も! これは発汗による体重減少と推測されますが、半数の人に、0.2~0.4㎏の減少が認められました。体重と体脂肪に相関性があるなら当然の結果かもしれません。

一方、50歳代の歯周病患者8名に対し、咬合力計を使って行った第一大臼歯の噛む力の測定では、コロコロブラシを使って1カ月後には平均7㎏増加し、2カ月後には2倍の力で噛むことができるようになりました。

21世紀の医学は「切らない、縫合しない」を目標としています。コロコロブラシは、まさしく切ったり張ったりしない、最新医学を先取りしているといえるでしょう。

舌苔除去

口中が健康で清潔な状態になり、口臭予防にも絶大な効果があります。

大脳に働きかけ集中力アップ

歯磨きとは、泡を立て、ガサガサと音をさせながら汚れを拭うことものと思いがちです。しかしそれでは歯を傷めてしまいます。コロコロブラシは、ブラシ部分がローラーになっていて、転がすことにより、歯の表面に振動(超音波)を発生させ、毛の先端だけで汚れをはじきます。そのため、歯を傷めることがありません。従来の歯ブラシとは違った感覚がありますが、続けることにで、日に日に口の中が変化していくことを実感できるでしょう。

Copyright(c) 2014 T-World Company All Rights Reserved.