コロコロブラシ製造工程

コロコロブラシは、安心の国内生産です。
T・World Company大阪本社社屋内で一つ一つ真心を混めて製造しています。

コロコロブラシ製造工程は、10のステップにわかれています。繊細で緻密な流れ作業の工程を一つ一つ進み、プロの技・プロの目がひかる各工程で、厳しい検査をパスし、やっと皆さまにご愛用いただけるコロコロブラシが誕生します。

コロコロブラシ製造の10 のステップ

糸取り

コロコロブラシの素材であるナイロン毛を適量調整し、ディスク形成機械へのセットがスムーズに出来るように取りまとめる。

※一見単純な作業のようですが、無駄なく後々の作業を潤滑に行なわれるようにセットするには担当者の熟練した経験が必要な作業です。

機械へのセット~ディスクの形成

      1. ナイロン束ディスク形成機械へのセット
      1番の糸取り工程でできたナイロン束を機械にセットし、放射状のナイロンディスクを形成します。

(※ヒモに1枚1枚のディスク中心軸部に通して束ねておく)

      2. 検品
      完成したディスクは目視確認により、不良品は取り除く。

      3. 機械作業管理
      機械作動中は機械10台につき1名の担当者が作業管理(品質確認)を行います。

ディスクを重ね合わせ毛玉の作成

ディスク形成機械で完成したディスクを1枚1枚手作業で重ね合わせます。 まず専用台の凸部へ凹型のスリープ(中軸)を差込み、ディスクを重ねていきます。 そして重ね合わせた毛玉の中心軸のスリープにふたのスリープを差込み、固定します。 各1枚1枚が独立で回転するよう作業担当者が手で回転させ、検品します。

毛玉のカット(サイズ調整)

重ね合わせた毛玉の中心軸に専用の鉄棒を差込み数個の毛玉をとりまとめます。 所定の固定台に鉄棒をセットし3~4個ずつの毛玉を同時にカットします。 固定台に水平にセットされた毛玉を、毛の長さを均等に、円形になるよう指で360度回転させながらカットしていきます。 規定のサイズになれば目視確認を行います。

ラウンド加工

鉄棒に差し込まれた毛玉を5~6個ずつ水平に研磨機に当て毛先を研磨していきます。独立回転する毛玉のディスク1枚1枚のバランスを取りながら、毛先の最終加工を施します。

作業担当者の確認後は責任者のスコープ(拡大鏡)による抜粋目視確認を行い、毛玉を完成させます。
(組立て作業中にも作業者による目視確認を行い、品質の統一に努めます)

エアー清掃

5番のラウンド加工後、再度エアガンで清掃・検品します。

ブラシハンドルへ組み立て

※ハンドル=ブラシの柄部分の事 完成した毛玉をハンドルにセットし ピンを毛玉の中心軸に差込みます。ピンの先端部分を半田ごてで溶着し固定します。 作業担当者により、毛玉を回転させ固定状況を確認します。

エアー清掃

7番の溶着作業後エアガンで再度清掃し、検品します。

ブラシの磨き作業

専用の布を使用し、丁寧にハンドルを磨きます。製品の最終確認を行いブラシの封入作業に入ります。

ブラシの封入作業

9番の工程で丁寧に磨き終えたブラシを一本ずつ目視検品をしながら、専用袋に封入します。

以上の10工程で商品が完成します。

Copyright(c) 2014 T-World Company All Rights Reserved.